若い夫婦の離婚原因

公開日
カテゴリー
離婚

目次

  1. できちゃった結婚
  2. 収入が少ない
  3. 精神的に子供だから

昨今では女性の社会進出や男性の低所得者が増加したことにより晩婚化が進んでいるものの、若くして結婚するカップルも少なくありません。

特に地方ではその傾向が強く、少数派ではありますが10代後半という若い年齢で結婚に至るケースもあります。

一般的に20代までの離婚が「若年離婚」にあてはまりますが、若くして離婚する原因は一体何なのでしょうか。原因はさまざまではありますが、主な離婚原因を紹介したいと思います。

できちゃった結婚

予期せず子どもが出来てしまった場合、「本当は結婚するつもりじゃなかったのに、家族を養っていかなければならない」と現実と理想のギャップに苦しむことになります。

特に若い年齢で結婚した場合、周りは仕事や遊びに没頭しているのに自分たちは育児に追われ家計にも追われるという現実に耐えられなくなるようです。

収入が少ない

お金の切れ目が縁の切れ目と言いますが、やはり経済面が不安定だとお互い不満が募り夫婦がぶつかる原因になります。

結婚した時は見えていなかったリアルな現実を目の当たりにすることで、夫婦関係の破綻に繋がってしまうようです。

精神的に子供だから

20代は大人と呼べる年齢ではありますが、精神的にはまだまだ幼い部分もあることでしょう。お互いに歩み寄るということが出来ず、自分のエゴを押し付けてしまうことで、夫婦の仲はどんどん悪くなり離婚に至ってしまうようです。

若くして結婚することは精神的にも経済的にも負担が大きいはず。

また若くして離婚を決断し、実行するのも大きな労力が必要となることでしょう。

愛する人と夫婦になることは素敵なことではありますが、勢いに任せることは推奨出来ません。人生の大きな決断になりますので、慎重に考えて行動に移すことを心掛けてほしいと思います。

万が一離婚に向けて話が進み始めてしまった場合、養育費を安心して受け取れる「養育費保証のミライネ」のサービスをご利用ください!

ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリー

最新の記事

公式SNSアカウント

  1. ホーム
  2. ミライネブログ
  3. シングルファザーの養育費事情

お申込みやご相談・資料請求など
お気軽にどうぞ

0120-980-820フリーダイヤル お問合せ上に戻る