子どもが3人いた場合の養育費は?②

公開日
カテゴリー
養育費

子どもが3人いる場合、以下のものが養育費に含まれます。

  • 衣食住のための費用
  • 教育費
  • 健康を維持するための医療費
  • その他子どもが自立するための必要な経費

子ども3人の養育費相場は以下のようになります。

養育費を支払う側の年収子ども3人が0~14歳子ども2人が0~14歳、子ども1人が15~19歳子ども1人が0~14歳子ども2人が15~19歳             子ども3人が15~19歳
200万円2~4万円2~4万円2~4万円2~4万円
300万円2~4万円4~6万円4~6万円4~6万円
400万円4~6万円4~6万円6~8万円6~8万円
500万円6~8万円6~8万円6~8万円6~8万円
600万円10〜12万円12〜14万円12〜14万円12〜14万円
700万円10〜12万円12〜14万円12〜14万円12〜14万円
800万円12〜14万円12〜14万円14〜16万円14〜16万円
900万円14〜16万円14〜16万円16〜18万円16〜18万円
1000万円16〜18万円16〜18万円18〜20万円18〜20万円
引用元:KADODE誰でもわかる離婚相談より

上記の金額はほんの一例に過ぎませんので、様々な事情で金額は変動します。

養育費は一度決めると一生金額が変わらないものではありません。

支払う側の転職や経済状況により減額出来るケースがあります。養育費の金額は支払う側と受け取る側の年収が大きく影響します。また親権者である親が再婚して新しい結婚相手と子どもが養子縁組した場合は、養育費が免除になることもあります。養育費を支払う期間は一般的に子どもが成人する20歳までとされています。

養育費の話し合いがまとまったら、養育費を安心して受け取れる「養育費保証のミライネ」のサービスをご利用ください!

ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリー

最新の記事

公式SNSアカウント

  1. ホーム
  2. ミライネブログ
  3. 就学援助制度とは?②

お申込みやご相談・資料請求など
お気軽にどうぞ

0120-980-820フリーダイヤル お問合せ上に戻る