共同親権とは?

公開日
カテゴリー
離婚

目次

  1. 共同親権の現状
  2. 実際に導入すると…

共同親権とは、『父親と母親の両方が子どもに対する親権を持つ状態』です。

離婚した後でも、子どもが住む場所、今後の進学についてなどの重要事項決定権を共同で持つため、意思決定を双方で行うことになります。

共同親権の現状

現在の日本の親権についての現状、海外の先進国の現状としては、

“現在の日本の民法では離婚後の親権は父親か母親のどちらか一方しか持つことができない「単独親権」が規定されていますが、海外の先進国では両親がともに持つ「共同親権」が主流となっていて、法務省は海外の制度や運用状況の調査を進めていました。”
引用https://news.yahoo.co.jp/byline/akechikaito/20190929-00144658/

となっています。

ただ、共同親権が導入されたとしても、離婚後に実際に子どもと一緒に住むのは父母のどちらか一方になります。

実際に導入すると…

実際に日本で共同親権を導入すると、子どもが両方の親と関われることや、離婚時の親権トラブルを避けられたり、養育費の支払いがスムーズになるなどのメリットもあります。

しかし、二つ生活を持つことになる子どもに負担がかかったり、両親の教育方針が異なる場合にもめてしまうデメリットもあります。

今後日本でも、共同親権が認められる日はそう遠くないことが予想されます。

離婚後の子どもの親権を検討するときには、何よりも子どもの福祉を優先すべきです。

日本と他国との制度や状況の違いを理解して丁寧に議論を積み重ねる必要があるでしょう。

養育費保証のミライネ」では離婚後の養育費に関するご相談をお受けし、解決に向けさまざまなアドバイスをしております。養育費問題でお悩みであれば、是非私たちにご相談ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリー

最新の記事

公式SNSアカウント

  1. ホーム
  2. ミライネブログ
  3. 離婚の種類について

お申込みやご相談・資料請求など
お気軽にどうぞ

0120-980-820フリーダイヤル お問合せ上に戻る