ひとり親家庭が「非課税世帯」になる条件、恩恵を解説!

ひとり親家庭が「非課税世帯」になる条件、恩恵を解説!

公開日
カテゴリー
養育費

目次

  1. 住民税とは
  2. 非課税となる条件
  3. 非課税世帯の恩恵とは

非課税世帯をご存知でしょうか?

非課税世帯とは、世帯全員の住民税が非課税であることを指します。 また、非課税世帯には、多くの恩恵が用意されています。

ひとり親家庭における非課税世帯になる条件や、受けられる恩恵、注意点を解説します。

住民税とは

住民税とは、1月1日に住所がある都道府県、市町村に納める税金のことを指し、『均等割』と『所得割』の2つで構成されています。

『均等割』とは

全ての納税義務者から均等に税金を徴収するものです。この均等割は、非課税の条件を満たさない限り、全員が一定の額を納めます。

『所得割』とは

納税義務者の前年の所得によって、下記の計算式で納入額が決まります。

所得割額 = 課税所得金額(前年の所得金額-所得控除額)× 税率-調整控除額-税額控除額

税率は、市町村民税が6%、道府県民税が4%(指定都市の区域内などの場合は、市町村民税が8%、道府県民税が2%)です。この標準税率は、均等割と同様、自治体ごとに設定することができ、増額している自治体や、減額している自治体もあります。

均等税は、各都道府県で決められた金額を一律に課税、所得税は、収入によって変動する金額が課税されることになります。

所得が一定以下であれば、『所得割』が非課税になります。また、さらに所得が低い場合や、ひとり親家庭、障害を持つ方がいらっしゃる家庭の場合は、所得割だけでなく『均等割』も免除になります。

非課税となる条件

では、住民税が非課税となる条件を解説します。以下のいずれかの条件を満たすと非課税になります。

  • 生活保護を受けている
  • 未成年・障がい者・寡婦・ひとり親で、前年の合計所得金額が135万円以下
    所得が給与所得のみの場合は、給与収入が204万4000円未満となります。
    ひとり親で、かつ合計所得金額が135万以下の場合でも、事実婚(住民票の 続柄に「夫(見届)」「妻(見届)」と記載がある方)は、対象外となりますので注意しましょう。
  • 前年の合計所得金額が各地方自治体の定める金額以下
    扶養家族がいる場合は、所得が135万円を超えても、自治体によっては、非課税になるケースがあります。

合計所得とは、1月1日~12月31日の1年間の合計所得のことを意味します。たとえば、複数の勤務先で働いている場合、全ての給与を合算しなければなりません。

また、各自治体で定める金額が異なりますので、ご自身の住民票をおいている自治体に確認してください。

非課税世帯の恩恵とは

非課税世帯には、住民税が非課税になるだけではなく、様々な恩恵が多く用意されています。

保育料が0才から無償になる

2019年10月から3~5才は幼稚園、保育園が無償となっていますが、住民税が非課税の非課税世帯の場合、0才から無償になります。

大学・専門学校の授業料の減免

2020年4月より、住民税非課税のひとり親世帯で、たとえば国立大学に通う場合、入学金約28万円と年間授業料約54万円、私立大学の場合、入学金約26万円と年間授業料約70万円を免除される等の支援を受けることができます。また、それぞれ金額は異なりますが、短期大学や専門学校、高等専門学校も対象となっています。

国民健康保険料が軽減される

所得により、国民健康保険料が軽減されます。たとえば、東京都23区内では、所得に応じて2割から7割の減額となっています。自治体によって、減額となる金額が異なるので、各自治体に確認しましょう。

国民健康保険料の納付猶予・免除

前年の所得が、

(扶養家族の数+1)×35万円+22万円

上記式金額以下の場合は免除になり、この金額を超えた場合でも一部減額になります。

高額医療費が軽減される

70歳未満の非課税世帯の場合、同じ医療機関で1ヵ月に支払う自己負担限度額は、35,400円となります。異なる医療機関を受診した場合も医療費を合算できるケースや、過去12ヵ月以内に3回以上、上限に達した場合はさらに自己負担額が軽減されます。

この他にも、

がん検診費用の自己負担金の免除や、入院中の食事の自己負担額の軽減、予防接種の事故負担額の免除など、自治体ごとに行政サービスや申請方法が異なるため、利用する際は、各市町村に確認をしましょう。

様々な助成や制度を知る事、そして利用する事で、少しでもひとり親の方の負担が減ることを願っています。

養育費保証のミライネ」では、養育費に関してお悩みの方のサポートをしております。お気軽にお問い合わせください。

養育費保証のミライネはひとり親家庭の悩み事を全力サポート!!養育費保証のことがよくわかる無料パンフレット配付中申し込みはこちらから

カテゴリー

最新の記事

  • 養育費未払いでお困りの方はお気軽にご相談ください
  • 業界初!24ヶ月の長期養育費保証
  • 養育費の保証料について助成金制度を導入している自治体
  • リーフレット配置役所窓口一覧

公式SNSアカウント

  1. ホーム
  2. ミライネブログ
  3. シングルマザーの恋愛①

お申込みやご相談・資料請求など
お気軽にどうぞ

0120-980-820フリーダイヤル お問合せ上に戻る