ひとり親家庭等医療費助成制度とは?①

公開日
カテゴリー
ひとり親支援

目次

  1. 対象
  2. 対象外

ひとり親家庭等医療費助成制度とは、18歳に達した年度末までの児童(児童に一定の障害がある場合は20歳到達前まで)が、対象に該当した場合にその児童と父・母または養育者の医療費の自己負担分を助成してくれる制度です。

各市町村で、対象者などが若干異なるので、ご自身がお住まいの役所に問い合わせすることをおすすめします。

対象

ひとり親家庭等医療費助成制度を受給することが可能な対象者は、各市町村で異なりますが、下記である場合が多いです。

  • 父母が婚姻を解消した児童
  • 父または母が死亡した児童
  • 父または母が制度で定める程度以上の重度の障害を有する児童
  • 父または母が制度で定める期間以上の生死不明である児童
  • 父または母から1年以上遺棄されている児童
  • 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  • 父または母が法令により1年以上拘禁されている児童
  • 婚姻によらないで出生した児童

対象外

下記いずれかに該当する場合は、対象外となります。

  • 生活保護を受けている
  • 児童が児童福祉施設等に入所したり、里親に預けられている
  • 児童が父または母の配偶者に養育されている
  • 児童が婚姻している
  • 申請者または扶養義務者の所得が、制度で定める所得制限額を超過している
  • 他の医療費助成事業により、医療費の助成を受けている

以上、ひとり親家庭等医療費助成制度を受給することが可能な対象と、対象外についてお伝え致しました。

次の記事では、限度額や申請に必要なものについてお伝え致します。

養育費保証のミライネ」では、離婚後の養育費の未払いトラブルに関する支援を行っておりますので、お悩みの方は是非ご相談ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリー

最新の記事

公式SNSアカウント

  1. ホーム
  2. ミライネブログ
  3. ひとり親世帯臨時特別給付金再支給②

お申込みやご相談・資料請求など
お気軽にどうぞ

0120-980-820フリーダイヤル お問合せ上に戻る