児童扶養手当とは?②

公開日
カテゴリー
ひとり親支援

目次

  1. 支給されるタイミング
  2. 申請方法
  3. 必要書類
  4. 〈補足〉児童扶養手当と障害年金の併給調整について

前回の記事では、児童扶養手当を受給できる対象者や、支給額についてご説明致しました。

今回の記事では、児童扶養手当が支給されるタイミングや申請方法について説明致します。

支給されるタイミング

原則1、3、5、7、9、11月の中旬以降に、それぞれ支払月の前月までの2ヶ月分を指定の口座に振り込まれます。

申請方法

児童扶養手当は、お住まいの市区町村の自治体窓口で申請手続きを行う必要があります。

必要書類

・児童扶養手当認定請求書
・請求書と対象児童の戸籍謄本
・印鑑
・振込先通帳

が、必要となります。

〈補足〉児童扶養手当と障害年金の併給調整について

これまで、障害基礎年金を受給している方は、障害基礎年金の額が、児童扶養手当額を上回る場合、児童扶養手当を受給できませんでした。

しかし、令和3年3月分から、児童扶養手当の額が障害年金の子の加算部分の額を上回る場合、その差額を児童扶養手当として受給できるようになります。

手当を受給するための手続きは、すでに児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている人は、原則、申請は不要です。

以上、児童扶養手当について詳しく説明致しました。

ひとり親家庭にとって、児童扶養手当は子どもを養育していくための大切な手当です。子どもと自身のためにきちんと手続きを行いましょう。

子どもの未来のためにも『養育費保証のミライネ』にも、ご相談頂けましたら幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリー

最新の記事

公式SNSアカウント

  1. ホーム
  2. ミライネブログ
  3. 離婚時に取り決めていなかった養育費は請求出来る?

お申込みやご相談・資料請求など
お気軽にどうぞ

0120-980-820フリーダイヤル お問合せ上に戻る